HOME>ホットトピックス>治療費は保険が適用されるタイプで安心できる

費用は割安感がある

病院受付

部分入れ歯は、総入れ歯と同じように、簡単に取り外しができるので、手入れが簡単です。治療も短期間で済み、気になる治療費も健康保険が適用されるものもあります。もちろん、素材によって自費診療もあり、金属バネがないノンクラスプ義歯が一例です。歯を喪失した場合の治療を、歯科では補綴治療といいます。治療費の相場は、部分入れ歯から総入れ歯、ブリッジの順で高くなり、インプラントは医療ローンを組む約30万円からとなっています。

影響を考えた治療が評判

治療器具

健全な歯を削らないことが患者さんから評価されています。総入れ歯は口の中の異物感がかなり強くなるようですが、部分入れ歯ならばそれも少ない話も耳にします。歯の欠損が一本で、床、クラスプ、人工歯によって固定できる仕組みですから、見た目の審美治療にもなります。金属バネがないなら、さらに使い勝手もよいでしょう。歯の喪失による口腔内、全身の影響を考えれば、そのままにせずに治療を行うのが理想です。もちろん、部分入れ歯ですから、ナイトケアが必要です。洗浄液や洗浄機などのケアアイテムも必要になりますから、購入しておきましょう。そうした消耗品の費用も念頭に入れた相談をしましょう。