HOME>注目記事>保険でも作れる入れ歯は経済的で手軽な義歯

保険も利用できる

歯型

入れ歯は主に合成樹脂(プラスチック)をベースに作られている義歯です。歯の部分は白いセラミックやレジンで作られています。そして部分入れ歯には大きく分けると健康保険が効くタイプと効かないタイプがあります。保険が効くかどうかは診察内容や入れ歯の素材によって決まると言われています。一般歯科で治療をして部分入れ歯が必要なケースになった場合、保険義歯にするか自費義歯にするか医師から聞かれます。保険義歯は基本的に最低限シンプルな作りになっているのが特徴で、細かいかみ合わせの調整ができないタイプが多いです。ただ費用の負担額が少なく、だいぶ安く作ってもらえます。装着したときの快適度や見た目の自然さ、耐久性などを求めるなら、自費義歯がお勧めです。保険が下りないので費用はすべて自己負担になりますが、保険義歯よりもはるかに高精度で質の高い部分入れ歯が手に入ります。

それぞれの入れ歯のメリット

手元

虫歯や歯周病などで歯の一部がなくなった場合、入れ歯をして補うことができます。入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」の二種類があります。吸着力を利用して歯茎にくっつけて使用するのが総入れ歯です。歯がまったく機能しなくなった場合に、総入れ歯が便利です。残存歯が一つもなくても、総入れ歯ならその日のうちから美味しくご飯が食べられます。部分入れ歯は歯が失われている部分に応じて使い分けられるように前歯用、奥歯用などがあります。失っている部分の両側の歯に、金属のわっかのような金具(クラスプ)をひっかけて装着します。部分入れ歯は健康な歯を残したまま使用できるのがメリットの一つです。そのため、自前の歯を残したまま見た目をきれいにしたい人にぴったりです。