幅広い症例に対応

診療室

永久歯が抜けてしまった場合は、その部分に人工の歯を入れる治療が行われます。インプラントを選ぶ人も増えてきましたが、費用が高くなることや、手術が必要ということで躊躇する人も少なくありません。ブリッジも人気の高い治療ですが、悪くない歯を大きく削る必要がありますし、そもそも欠損歯が多いと対応できないこともあります。そんな場合には部分入れ歯も検討してみてはいかがでしょうか。若い世代には入れ歯に抵抗を持つ人もありますが、部分入れ歯は1本だけ抜けた場合から、本物の歯が1本しか残っていない状態まで幅広く対応できる治療です。保険適用の治療を選ぶこともできますので、比較的治療費も安くなりますし、完成までにあまり時間が掛からないのも入れ歯の良いところです。金属部分が目立つことに抵抗を感じる人もありますが、最近は金属が必要ないノンクラスプデンチャーも登場しており、より自然な仕上がりを得られるようになりました。

メリットを知る

歯科矯正

部分入れ歯を選ぶメリットとしては、金属のバネで固定させることになりますので、ブリッジのように歯を削る必要はなく、周囲の歯をそのまま残せるということがあげられます。入れ歯は動きやすいというイメージもありますが、総入れ歯とは違い、しっかりと固定されますので、食事や会話のときにずれる心配もほとんどありません。長く使っているうちに入れ歯が合わなくなることもありますが、調整もしやすいので長期に愛用することもできます。

保険の入れ歯と自由診療との違い

治療器具

部分入れ歯は保険適用のものを選ぶと治療費を安く抑えることができます。とはいえ、プラスチック素材で作られているので厚みが出やすく違和感を感じやすい傾向にあります。さらに口の中のフィット感がいまひとつという意見もあります。より質の高い入れ歯を作るのであれば自由診療にも注目してみましょう。自由診療の部分入れ歯はより薄く作ることができますので、違和感が少なく、しっかいと密着して外れにくいことがメリットです。さらに金属部分が目立ちにくいことや耐久性に優れていることもメリットといえるでしょう。

歯科医院選びは慎重に

治療

部分入れ歯は長く愛用することになりますので、良いものを作っておくことが大切です。そのためには、技術力の高い歯科医院を選ぶことが大切ですので、評判や実績も良く調べておきましょう。長く使っているうちに合わなくなることもありますし、故障をする場合もありますので、アフターメンテナンスもしっかりと対応してくれる歯科医院であるかも確かめておきましょう。見た目の良さはもちろん大切ですが、しっかりと噛めることや装着感が良いことも大事です。入れ歯にも色々な種類がありますので、それぞれの特徴を良く理解し、自分に合うものを選んでいきましょう。歯科医院ごとに対応している治療方法にも違いがありますので、希望の治療が受けられるかどうかも確認しておきたいところです。